華の庭

お金・人間関係・ライフハック

恋人に暴露話をするタイミング。付き合う前?付き合ってから?

 

 

今日の話題は、恋人に対する秘密のカミングアウトについてです。

ちょっと前にテレビで放送されたので、見たことのある方もいらっしゃるかも知れません。アメリカの恋愛ドキュメンタリー・  I Wanna Marry "Harry"という番組です。


I Wanna Marry "Harry" - First Look

 

イギリス王室のヘンリー王子(独身)に顔がそっくりな一般男性・マットと、一般の独身美女12人がお見合いをします。

 偽ヘンリー王子 VS 独身美女12人 という構図ですね。

マットをヘンリー王子本人だと思い込んでる女性たちは、「ヘンリー王子」の恋人の座を射止めようと、あの手この手で猛アピール。

さまざまなイベントを通して交流し、そして最終的にマットは12人の美女から1人を選びます。

番組のフィナーレでめでたく選ばれた女性・キンバリーは、「やった!王子を射止めたわ!」と飛び上がって喜び、マットに抱きつきます。

 

が、

その直後。

マットが「実は僕はヘンリー王子じゃないんだ・・・」とカミングアウトをします。

「え???」な反応をするキンバリー。 

ここでマットは、この番組が偽ヘンリー王子とお見合いをさせるものだったこと、

自分はイギリスの王族ではなく土木作業員をしているマットという一般人であることを伝えます。

マットは「それでも僕を愛してくれる?」と重ねて問います。

それに対して、「もちろんよ!」と笑顔で答えるキンバリー。

 

すごい!感動的!

「英国王子」という肩書きがなくても彼女はマットを愛してくれた!

真実の愛だ!

彼女は「ヘンリー王子」でなく「マット」を愛してくれた!

おめでとう、お二人さん!やったね!

 

と、番組は二人を大々的に祝福し、ここで締めくくられています。

 

 

 さとみが、ここで、思ったのは、

もし二人が最初から「はじめまして土木作業員のマットです」

という出会い方をしていたら、キンバリーほどの美女はマットを相手にはしなかったと思うのです。お世辞にもマットはハンサムとはいえない顔立ちなので。

f:id:satoko2222:20180223235200j:plain

 

交際が始まり、情が移ってからのカミングアウトだから許される

人は何かしら一つや二つ秘密を抱えているものだと思いますが、さとみの結論から言うと、「欠点」「秘密」をカミングアウトするなら、交際が始まって、お互いに関係が深まってからのほうが良いと思います。

付き合う前に言っちゃうのは、デメリットしかないのです。

 

男性ならば、「実は童貞」、「実はカツラ」、「年収を偽ってた」・・・

女性ならば、「実は整形してる」、「風俗で働いてた」、「年齢を偽ってた」·・・・

などなど、交際相手が引きそうな「地雷」を適当にあげてみました。

 

 付き合う前にこれらの地雷をカミングアウトしたら、告白されたときに、断る材料のひとつになってしまいます。

付き合う前は、自分の欠点や黒歴史は晒さないのが吉ですね。


逆に、付き合ってしまえば、「身内」になってしまえば、多少の欠点は目をつぶってくれます。一度自分が選んだ相手なんですから、できれば欠点は認めたくないと思うものです。

 

人は、赤の他人の欠点や過ちに対しては厳しく断罪しますが、身内や親しい人の欠点には寛容です。

 

地雷を抱えている人は、カミングアウトするなら、付き合ったあとにしましょう。

 

こう言うと、よく言われる反論として、
『いや、そんな騙すような真似はしたくない』『嘘はつきたくない』『本当の私を好きになってほしい』『その欠点を知った上で私を選んでほしい』
そういった気持ちを持つ人がいるのも分かりますが、

ですが、現実問題として、男女関係において『誠実さ』『人情』『正直さ』は持っていてもあまり良い事はありません。

こういった気持ちは相手に利用されるか、気持ち悪がられるのがオチです。


恋愛において大事なのは、
 恋に溺れないドライな心を持てるか。
 情に流されず打算に基づく行動がとれるか。

ということだと思います。


「この人なら本当の私を受け入れてくれる・・・」などと異性にロマンチックな夢を見ないことですね。

 

ちなみに下の本がお勧めです!自然界のオスとメスの駆け引きについて、エグいくらい戦略的に進化する動物たちの生態が描かれています。

男と女の利害は一致しないということがよく分かります。

どこまでも対立する存在だということですね。

 

カミングアウトのタイミングは本当に大事だと思います。


でもまあベストなのは、
秘密を死ぬまで守り通すことですけどね!(๑>؂•̀๑)

 

 

さとみでしたー