さとみの花の庭

お金・人間関係・ライフハックなどなんでもありのサイト

シンプルなものは美しい。中国の神獣から考える。

 

ちわー

さとみですー。

 

突然ですが、「神獣」ってカッコいいですよね!

 

龍、鳳凰、朱雀、白虎、白澤、麒麟、九尾・・・

名前からしてカッコよすぎです!

 

中二病にはたまらない生き物ですね・・・

 

東アジアの歴史にいろんな形で出てきます。

 

 

今回テーマにするのは、

龍と鳳凰(ほうおう)です。

 

 

ともに中国で神獣と賞される伝説の生き物です。

 

一般的にはどちらも「瑞獣」 なのですが、

ある本によると、

龍は瑞兆の象徴ですが、鳳凰はかならずしもそうではないそうです。

 

 解説いきますね

 

(解釈によって異なるのですが、一般的に)

龍はさまざまな異なる動物の体の特徴を持つとされています。

 f:id:satoko2222:20170730151451j:plain

引用『wikipedelia 竜』

 

角は鹿
頭はラクダ
目は兎
体は蛇
腹はカイコ
鱗は鯉
爪は鷹
掌は虎
耳は牛

ひげ:?? 

 

 

一方で、

鳳凰の体はすべて統一されています。

f:id:satoko2222:20170730152225j:plain

引用『wikipedelia 鳳凰

 

頭はキンケイ

胴体はオシドリ

尾は孔雀

足は鶴

嘴はオウム

翼はツバメ

 

細かい種類こそ違いますが、

鳳凰は嘴から尾まで全てが「鳥」でできています。

 

 これが何を意味しているかということですが、

 

前者は、複数の異なる民族が和睦によって統合されたため、

すべての意見を等しく扱うこととなりました。

それにより龍は、さまざまな生物の特徴を持つちぐはぐな醜い姿になりました。 

 

一方で、後者。

複数の民族を統合するとき、ただ一人が支配者になり、異なる意見をすべて排除したそうです。

その結果、鳳凰はシンプルで美しい姿を保てたといいます。

 

 

「統一された美」の裏に悪があるというのは

なんとも深い捉え方だと思いました。

 

いろいろと考えさせられるものがあります。

 

 良いか悪いかは別として、

ただ1つの世界観をもって存在するものは美しいんですね。

 

 

今回の内容は昔読んだ歴史の本から書いているのですが、

出典が不明なため、 ツッコミがあれば、コメントください。

 

 

 

。☆.。.:*・。☆.。.:*・。☆.。.:*