さとみの花の庭

妄想貴族・さとみの雑記

『ぶりっ子』するから同性に嫌われるんやない、性格が悪いから嫌われるんや!

何故か関西弁。

f:id:satoko2222:20170625191336j:plain

さとみの友人の女の子のお話です。

学生時代の友達なんですが、Bちゃんという子がいました。

Bちゃんはとにかくとにかく可愛い子でした。


小さくて華奢で、いつもフリフリで、声とかもすごく可愛いんです。

加えて男好きというか、ぶりっ子。


誰にでも甘えた声を出します。
男性にすぐ声掛けますし、誰にでも「好き♡」って言うし、ボディタッチもやたら多い。

そんなこんなでBちゃんに想いを寄せる男性は多かったです。


教室でいつも数人の男性にちやほや囲まれて、
楽しそうに喋ってました。


これだけ書くと、女性陣から怒りや嫉妬の眼差しが向けられてそうですが、


実際には、クラス内でのBちゃんの評判は良かったです。

女子でも男子でも、Bちゃんを悪くいう人はいませんでした。

さとみもBちゃんのこと大好きでした。


彼女の性格が良かったからだと思います。


ぶりっ子とはいえ、人によって態度を変えることはなかったですし、
もしかしたら猫を被ってたのかもしれませんが、
素の顔は誰にも見せませんでした。

芸能人でいえば、ローラさんのような天真爛漫な子です。




男性に媚びる『ぶりっ子』って、
同性からはすごく嫌われるイメージが一般的にありますが、

実際は、ぶりっ子が原因で嫌われてるわけではないのかなと思いました。





・人によって態度を変える。
・素の顔を一部の人にだけ見せちゃう(Twitter含む)
・陰口をたたく、裏で愚痴を言う
・泣いたりいじけたり、情緒不安定さで気を引く
・アホすぎて他人への配慮が足らず、平気で人を傷つけることを言う(無自覚)


悪気がないにしろ、
こういったことをする子は嫌われます。


世の中で、『ぶりっ子』と呼ばれる女の子には、
大体↑のようなオプションが付いてきます。


要するに猫を被りきれていないんですね。



だから同性から嫌われるんです。



ぶりっ子自体は、嫌われる要因にはなりません。




嫌われるのは性格の悪さゆえです…。