さとみの花の庭

お金・人間関係・ライフハックなどなんでもありのサイト

強欲な人ほど、『無欲』なフリをすべき

f:id:satoko2222:20170625235611j:plain

皆さんは自分のこと、欲深だと思いますか?




さとみは自分のこと欲深な人間だと思います。


常に何かに飢えてます。


ずっと欲しかったものをやっとこさ手に入れても、
次に欲しい物をすぐに考え始めます。


おまけにプライドが高くて見栄っ張りです。



しょうもないですね。


あらゆる欲を捨てて無欲な聖人のようになれたら素敵ですが
おそらく一生無理なので、この性格で生きていくしかないです。



自分の強欲さとうまく付き合っていく方法を考えましょう。



さとみのような欲深で見栄っ張りな人間が多くのものを手に入れるには、

『無欲で謙虚』なフリをするのが1番いいです。



・些細なことでも他人に要求要望は言わない。
・たからない。
・気前よく人に奢る。
・お金をケチらない。


(どれも同じようなこと言っていますが)
↑↑ こういう人が、結果的に1番多くのものを手に入れられます。




無欲で謙虚なフリをした人間が1番得をするのです。




「飢えた人」
「どケチ」

↑こういうレッテルを周りから貼られたら最悪です。



人は、
要求要望ばかりしてくる人に、何かを与えたいとは思わないからです。

『~してよ!』『~が欲しいなー』と、
当然のように自分の権利を主張してくる図々しい人を喜ばせようなんて思いません。



例えるなら、
誕生日サプライズパーティーを本人に内緒で企画してたのに、
その前に、本人から

「ねえ、今度私の誕生日なんだけど、何か企画してないの?」

って言われちゃったようなもの。



…一瞬で祝う気が失せますね、こんな状況。





何も欲しがらない人にこそ、
人は与えたいと思うのです。


普段こちらに何も要求してこない人だから、
喜ばせたいと思うのです。




〈欲〉は他人に見せてはいけません。

胸の奥底にしまっておきましょう。


逆に言えば、外に出しさえしなければ問題ないんです。




ラ・ロシュフコーさん『箴言集』より。↓

「〈強欲〉は、〈謙虚〉の皮をかぶった時に最も上手く人を騙せる」

人間である以上、強欲であることは仕方ないので、

自分の欲深さを恥じたり、
物欲を捨てようと躍起になる必要はないと思います。



大事なのは〈無欲〉の皮をかぶること。




お金や愛は

飢えた人ではなく、
満ち足りた人のところに集まります。



お腹いっぱいで、何も欲しくないフリをしましょう。



。・:+°



satoko2222.hatenablog.com