さとみの花の庭

妄想貴族・さとみの雑記

趣味のない人ほど、ふとしたキッカケで恋に落ちやすい

 

こんばんは~。

 

暑くなってきて、家でだらだらする時間が増えてました。

 

もうすぐ梅雨ですね。

 

 

 

 

さとみは、一日の中でぼんやりしてる時間が長いです。

電車の中、歯磨き、入浴中、仕事中・・・。

 

 

 

そんな中、ふと思ったんですが、

自分の脳はいつも「反芻」をしていることに気づきました。

 

 

 

友達との会話、仕事でのやり取り、家族のLINE、遠い昔の体験・・・。

 

 

 

良い記憶悪い記憶関係なく、

掘り起こしては反芻をしています。

 

 

 

自分でも何の意味があるのかわかりませんでした。

 

 

 

 

そこで脳について調べてみたところ、

 

 

 

人間の脳って、放っておくと、過去の記憶の反芻(一度飲み込んだものを口の中に戻してくちゃくちゃするやつ)をするようにできているそうです。

 

 

 

 

暇で暇で特にすることがないと、人って「食事」か「睡眠」か「恋」をするそうです。

 

 f:id:satoko2222:20170625181749j:plain

 

趣味のない人って、特に打ち込むものがないから、少しでも気になる異性がいたら、常に頭の中の大半を占めてしまいます。

 

相手と交わした何気ない会話に、自分で深い意味を与えてみたり。

 

相手の言動をひたすら思い返してみたり・・・。

 

妄想が発展して、その相手と付き合う&結婚をなんとなく考えてみたり…。

 

 

一人で勝手に盛り上がっていくんですね。

 

 

いわゆる 恋に恋する状態。

 

 

 

かつてのさとみもそうでした。

 

 

一人暮らし、無趣味、スポーツしない、テレビ見ない、恋人いない、ペットいない・・・。

 

 

 

家で特にすることもなく、趣味や仕事に心を奪われることもなければ、

(平安貴族のように)、誰かしらに自然と片思いをしてきました。

 

 

 

無趣味の時はとにかく惚れっぽかったですねー。

 

 

 

現在は

心奪われるものを見つけたので、

恋愛から遠ざってます。