さとみの花の庭

お金・人間関係・ライフハックなどなんでもありのサイト

「優しさ」をアピールする

さとみです。

 

 先日、ディズニーの映画『美女と野獣』を鑑賞しました。


有名なのでストーリーは知ってたんですが本編を見たことが無かったので…。



いやー、主人公のベルが美しいのと音楽素敵なのと。

とても良い映画でした。




ガストンのような高スペックイケメンマッチョに求婚されても見向きもせず、父親を助けるために自分が身代わりになり、醜い野獣に心を開く。


女神のような女性です。


こんな素敵な女性と巡り会えた野獣(王子)

もなかなかラッキーだったと思います。



不器用で醜い、一見乱暴な野獣でも、その心の奥底に眠る優しさに美女は気づき、お互い惹かれていく・・・

 


とても素敵なお話ですが、いかんせんこれは物語。


この映画のように森の奥深くのお城に監禁されていれば、野獣しか話し相手がいなければ 彼のさまざまな顔に気づき、魅力を見出すかもしれません。



しかし現実の世の美女やいい女は常に周りを男性に囲まれています。


たくさんの男性と一度にさまざまにかかわりながら、その中の一人の男性の心の美しさに気づくというのは難しいのではと思いました。

流動的に変化していく人間関係の中で、そこまでの観察眼を持って他人を見るのは大変なことです。


心の美しさは、外に出せてこそ。

自分の満足で終わるのでなく、相手に受け取ってもらえるように。

 表面上でも優しい行動ができれば、それは素敵な人なんだと思います。




男性だけでなく、逆もまた然りですね。