さとみの花の庭

お金・人間関係・ライフハックなどなんでもありのサイト

語彙は乏しいほうが素敵かも

はいこんばんわーさとみです。

 

 

↑のように書くと、「知識教養は不要?」と誤解を受けるかもしれませんが、

要するに「べらべら喋らないほうが素敵に見える」ということです。

 

 

楽しくおしゃべりしたいなら、頭良く見せたいなら、語彙は少なめにしましょう。

相手の言葉にリアクションしてるだけでOKです。

 

自分の話は極力せず、すぐ周りの人に話の矛先を向けます。

口数少ないほうが余裕がある人にみえますよーこれホント

 

星新一の代表作、『ボッコちゃん』

バーで働く美人ロボットのお話です。人工知能が入っていて、お客さんと簡単なおしゃべりができるのです。(さとみさんうろ覚え・・・

でもロボットだから基本的におうむ返しの会話しかできない。

自分の話したり話題振ったりできない。相手の言葉にリアクションするだけ。

 

 

でも、だからこそ、この子モテモテなんです。

 

 

お客さん「今日は忙しかったんだ」

ボッコちゃん「あら大変ね、忙しかったの?」

お客さん「今日はあまり飲まないようにしてるんだ」

ボッコちゃん「そうなの?あまり飲まないのね」

お客さん「ボッコちゃんは何歳なの?」

ボッコちゃん「何歳かしら」

 

 

ぜひ真似してみましょう~

 

物語のなかだけじゃなく、実際にいたらすごく居心地のよい人だと思います。

 

 

 

 

 

5分ぐらいで読めちゃう話です。