読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さとみの花の庭

雑記です

欲望を見せない

自分語りする人

 

人はだれでも認められたいという欲望を持っています

学歴や仕事などで結果を収めている人はなおさらでしょう

 

しかし、その欲望は傍から見るとみっともないです

自慢話というのは聞いている人をうんざりさせます(自虐もですが)

 

 

「俳優の●●は実は元カレ」「実は外国の王子からプロポーズされていた」「実は年収が**億」「実は元スーパーモデル」「実はハーバード大学卒」・・・

読者のみなさんの中には人並み外れた素敵な経歴を持つ方がおられるかもしれません

 

でもそれを人に喋っては意味がないんです

 

どんな実績を持っていても、人から好かれる要因にはなりません

 

人はスペックなどの「情報」をもとに他人に好意を抱くわけではないからです

 

むしろ自分の素晴らしさを自己申告してしまうことで、

「見栄っ張り」「俗物」の烙印を押されてしまいます

 

素晴らしい経歴も一瞬で台無しです

 

黙っていましょう

 

本当に価値があるものは人前で表彰されたりしませんから

 

自己顕示欲や物欲、金銭欲、性欲といった「欲望」は、その人を安く見せてしまいます

●ケチ、たかり

●お金の話

●自分語り

●自慢(学歴、資格、仕事の成果、他人からの評価、飲みの誘い・・・)

●愚痴に見せかけた自慢(ナンパ、ストーカー)

●他人の情報を知りたがる、漏らす

●恋バナ

 

これらと無縁でいれば

「穢れのない」「高貴な」人間でいられると思います

 

 

実際に欲望を捨てるのは難しいのですが、

持っていないふりをしましょう